社会性を盛り込んだ詞で、媚びない曲づくりを行う。
40~50 代の中高年(フォーク、テクノ、フュージョン世代)がターゲット。
フォークを基調としたロックと、前身からのフュージョンを踏襲。